ワークショップに参加者が集まる秘密おしえます!

 

【ワークショップに参加者が集まる秘密おしえます】

 

「ワークショップを開催しても参加者が集まらない」なんてことを

作家さんや、イベントを主催する方から、ちょいちょい聞きます。

 

「ワークショップに参加者が集まらない」

それにはいろいろな理由があるのでしょうが

 

他のワークショップに比べて

食品サンプルのワークショップは参加者が多く集まってくれます。

(きちんとデータを取ったわけではありませんが、実際の経験から)

食品サンプル教室

 

では、なぜそんなことになるのか?

それは、イマイがテレビに出ているからとか

すごい食品サンプルを作れるからとかではありません。

(そもそも、わたしはすごいもの作れないし ^^;)

 

他のワークショップに比べて

食品サンプルのワークショップに参加者が集まる理由

 

それは

 

食品サンプルにはみなさんが想像しているよりも

ほんとうに、たくさんの、た~~~くさんのファンがいるからです。^^

 

「えっ!?  なにその理由 当たり前!」と思ったかもしれませんが

重要なのはここから。

食品サンプル教室

 

ファンがいるのは

「フェイクフード」ではなく

「カキ氷の小物入れ」でもなく

「本物そっくりなソフトクリーム」でもありません。

 

ファンがいるのは「食品サンプル」です。

わかりますか? ^^

 

私が食品サンプルのワークショップをやっても

「イマイのクラフト教室」では参加者は集まりません。

「食品サンプル教室」とするから参加者が集まるのです。

 

テレビに出たとか、すごい作品作ったとか、じつは関係ないんです。^^

食品サンプル 教室

 

「楽しいワークショップを運営したい」

「参加者が集まるクラフトを探している」

そんな方は、ぜひ食品サンプルアートを取り入れてみませんか?

 

すごい実績がなくても

すごい作品が作れなくても

食品サンプルが生徒さんを集めてくれます。^^

(一定水準の作品クオリティーは必要ですよ。)

よかったらシェアしてね!