食品サンプル バタートースト時計作りました。

 

食品サンプル体験教室用のトースト時計

前回はシンプルデザインで作りましたが、今回はデザインをアレンジして

もう少し食品サンプルらしい面白デザインで作ろうと思います。

 

 

樹脂を食パンの形に成形

まだ、白い板ですね。

食品サンプル 食パン

 

パンの耳を着色

とりあえず、食パンに見えるようになります。

食品サンプル トースト

 

焼き色の着色

表面を茶色く塗ると、トーストに見えるようになりますね。^^

食品サンプル パンの耳

 

時間の数字描き入れ

時計にするので、時間の部分の数字を入れます。

ここまではシンプルデザインのトースト時計と同じです。

食品サンプル 焼き色の着色

 

トーストの端にバターをデコレーション

下記画像のバターは柔らかく、クリーム状になっていますが

もう少し堅く、角が立つくらいの方が、バターの雰囲気が出ます。

食品サンプル トースト

 

バターナイフのデコレーション

トーストにバターを塗るだけでも、悪くはありませんが

食品サンプルなので、もう少しシャレを効かせて

バターの上にバターナイフを乗せて、バターを塗っている風にします。

食品サンプル トースト文字入れ

 

 

スワロフスキーの接着

時間数字部分にスワロフスキーで目印を入れます。

スワロフスキーを入れるか、入れないか、悩む所ですが

今回は女子ウケを狙って、スワロフスキーでカワイイ感じにします。^^

食品サンプル トーストバター

 

時計を設置して完成です。

ちょっとしたデザインのアレンジですが、シンプルデザインの作品よりも

ずっと面白い食品サンプルとなります。

食品サンプル トースト時計

 

ちなみに、これがシンプルデザインのトースト時計

食品サンプルのトースト時計です。

 

おなじトーストの時計でも、少しのアイデアでいろいろな作品を作る事が出来ます。^^

食品サンプル トースト時計ディスプレイ例


2016-08-04 | Posted in 食品サンプル教室No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA