食品サンプル バター食パン時計作りました。

食品サンプル体験教室用の食パン時計

前回はシンプルデザインで作りましたが、今回はデザインをアレンジして

バターを塗った食パンのデザインで作ろうと思います。

 

 

樹脂を食パンの形に成形します。

全体の食パンの質感はひょげんされていますが、このままだと。まだ白い板にみえますね。

 

食品サンプル トースト時計

 

パンの耳を着色します。

パンの耳部分を絵具で焼き色に着色します。

横だけではなく、表面からの見える部分も塗るのがポイントです。

白い樹脂の塊がパンの耳部分を着色するだけで、いきなり本物そっくりな食パンに見えるようになります。

食品サンプル食パン時計

 

 

焼き色を着色します。

表面を茶色く、焼けている(トーストされている)ように焼き色を塗ると

食パンだった食品サンプルが、トーストに見えるようになります。^^

焼き色の濃さで焼き加減を表現する事が可能です。

軽く焼けた上品なトーストにするのであれば、焼き色を薄く塗り

焦げた雰囲気で面白い作品にしたいのであれば、しっかりと焼き色を濃く塗ることで表現する事が可能です。

写真の焼き色は、上品な薄めのきれいな焼き色にしてあります。

食品サンプル食パン時計

 

 

時間の数字を描き入れます。

時計にするので、時間の部分の数字を入れます。

数字は分かりやすく、チョコレート色のソースを使用しています。

食品サンプル食パン時計

 

 

トーストのはじにバターをデコレーションします。

下記画像のバターは柔らかく、クリーム状になっていますが

もう少し堅く、角が立つくらいの方が、バターの雰囲気が出ます。

食品サンプル食パン時計

 

 

バターナイフのデコレーション

トーストにバターを塗るだけでも悪くはありませんが

食品サンプルなのでもう少しシャレを効かせて

バターの上にバターナイフを乗せて、バターを塗っている風にします。

食品サンプル食パン時計

 

 

スワロフスキーの接着をします。

時間数字部分にスワロフスキーで目印を入れます。

スワロフスキーを入れるとリアル感が薄くなるので

スワロフスキーを入れるか、悩む所ですが

今回は女子ウケを狙って、スワロフスキーでキラキラ・カワイイデザインにします。^^

食品サンプル食パン時計

 

 

時計を設置して完成です。

ちょっとしたデザインのアレンジですが、シンプルデザインの作品よりも

ずっと面白い食品サンプルとなりました。^^

食品サンプル食パン時計

 

 

ちなみに、これがシンプルデザインのトースト時計

食品サンプル食パン時計

 

 

おなじトーストの時計でも、少しのアイデアでいろいろな作品を作る事が出来ます。^^

食品サンプル食パン時計

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。