食品サンプル教室「食パン時計」

 

食品サンプルアートはデザインのパターンが無数にあります。

自分だけのオリジナルデザインで作ることも難しくありません。^^

 

私の生徒さん(協会インストラクター)にも

「あれは作ってはいけない」とか

「このデザインの食品サンプルは作ってはダメ」とか

言うことはありません。

(どこかの誰かが作った作品を、パクりまくるのだけはやめたほうがいいです。とだけ言っています。^^)

 

たとえば、トースト時計を作っても、ちょっとしたことで

さまざまなデザインパターンのトースト時計を作ることができます。

 

本日の食品サンプル教室「トースト時計」

ご参加ありがとうございました。^^

 

マーガリンで時計の数字を描いています。

これは初めての方用にジャム&マーガリンで作ってもらっていますが

すべてをジャムで制作しても良いですし、ジャムを違う味のジャムに変更しても

この作品とは違ったデザインの作品となります。^^

食品サンプル パン時計

 

このトーストは形が一般的な四角ですが

パンを山型にすることでも、違うデザインの作品となります。

食品サンプル パン時計

 

数字を描かずに、スワロフスキーを設置しても

全然違った雰囲気のデザインにすることができます。

焼き色の濃さを変えて、焼き加減でデザインを変えるということもできます。

食品サンプル パン時計

 

食品サンプル「トースト時計」 完成。^^

数字の立体感と形がとっても素敵。

マーガリン感がいいなぁ。^^

 

食べ物モチーフのデザインの考え方も教えていますので

「しっかりとモノ作りがしたい」

「自分で考えて食品サンプルを作れるようになりたい」

なんて方は、ぜひ遊びに来てくださいね。^^

★詳しくはこちら→ 「食品サンプル教室 パン時計」

食品サンプル パン時計

 

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。