食品サンプル「食パン時計 ジャム&マーガリン」作り方

食品サンプル 食パン時計のアレンジデザインとして

ジャム&マーガリンの食パン時計を作ります。^^

 

食パン時計の場合、どうしても全体が茶色になりがちなので

ジャムをデコレーションする事で、作品に華やかな色味を加える事が出来ます。

 

 

まずは

樹脂を食パンの形に成形します。

この段階ではまだ白い板ですが、表面の質感はしっかりと再現できています。

食品サンプル トースト時計

 

パンの耳を着色します。

食パンの外側部分を絵具で着色して、パンの耳を作ります。

この着色をすると「食パン」に見えるようになります。

食品サンプル トースト時計

 

パンの耳の着色で大切なのは、表面側もしっかりと着色することです。

表面側も塗ることで、パンの耳の「厚さ」を表現できます。

こういったちょっとした事の積み重ねが、最終的な作品のクオリティーに響きますので丁寧に作業していきます。

食品サンプル トースト時計

 

焼き色を着色します。

焼き色の濃さによって、焼き加減の表現を調整できます。

(ここまでの工程は他の食パン時計と同じです。)

食品サンプル トースト時計

 

ここからが「ジャム&マーガリン」ならではの作業工程となります。

トーストした食パンの端にジャムをデコレーションします。

けちらずにたっぷりとジャムを塗ってください。

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

デコレーションしたジャムの上にスプーンを乗せて、ジャムを塗っている表現を加えます。

「スプーンでジャムをすくって塗っている」表現なので

スプーンの上にジャムを乗っけるのも忘れないようにします。

ジャムトーストっぽく、なってきました。^^

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

マーガリン(樹脂)で時間を描き入れます。

気をつけるのは「時計に数字を描いているのではない」ということです。

「トーストにマーガリンで数字を描いて遊んでいる」というのが、この食品サンプルのデザインです。

マーガリンを塗っているということを忘れずに

数字に厚みをつけて、しっかりとマーガリン感を出しながら数字を描きます。

上手に描くよりも、「へたうま」ぐらいの方がリアルなデザインとなります。

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

スワロフスキーで時間の目印を入れます。

スワロフスキーではなく、ジャムで目印を入れると、全体的にリアルな感じになりますが

ここはあえて、スワロフスキーでキラキラ感を出したいと思います。

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

時計を設置して完成です。

イチゴジャムがあるとやはり、デザインの印象が華やかになります。^^

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

「食品サンプル 食パン時計」ジャム&マーガリンとバター

デザイン違いで並べてみました。

バタートーストは落ち着いた素朴な雰囲気になりますね。

どちらもかわいいです。 ^^

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

 

プレートスタンドに立てることでディスプレイすることができます。

もちろん、時計として実際に使うことができます。^^

食品サンプルトースト時計 ジャムマーガリン

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。