食品サンプル クッキーのウェルカムボード

 

【食品サンプル クッキーのウェルカムボード】

アトリエから自転車で3分の場所に

ホームセンターができた!!

これで資材や道具をすぐ買いに行ける。

うれしいぃぃぃぃっ!!!!^^

 

次は徒歩1分以内の場所にコンビニができることを祈ります。^^

ビバホーム

 

前回の続き → 「お菓子の缶を使ってリメイク

 

お菓子の缶を食品サンプルを使ってリメークします。

「お菓子・クッキーの缶に萌える、空き缶を捨てられない」

そんな、日本全国の缶マニアの方に送ります。^^

 

今回リメイクするのは

フランスのブランド「ル・ブルターニュ」

ガレット・クッキー缶

クッキー缶

 

缶の裏の刻印も、なんだかおしゃれ。^^

クッキー缶

 

まずは缶を解体

容器部分とふたに分解します。

蝶番になっている部分を外すと、容器とふたが分解できます。

クッキー缶

 

分解するとこんな感じ ^^

クッキー缶

 

今回リメイクに使用するのは分解した缶のふた部分

クッキー缶

 

缶のフタの下部分に穴をあけます。

クッキー缶

 

全部で7か所

穴のセンターがあっていませんが、自分用なのでまあいいでしょう。^^;

クッキー缶

 

ふたの上部分にも穴が欲しいですが、わざわざ開けずに

もともと開いている穴をそのまま使用します。

クッキー缶

 

ふたの上部分の穴にリングを通します。

クッキー缶

 

リングにチェーンを通して、吊り下げられるようにします。

クッキー缶

 

とりあえず、ここまでで

缶のフタを釣り下げて使えるようになりました。^^

クッキー缶

 

食品サンプルを作ります。

作るのはクッキー。^^

 

若干、原型の形が微妙ですが

アルファベットの「W」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「E」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「L」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「C」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「O」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「M」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

アルファベットの「E」型 食品サンプルのクッキー

食品サンプル クッキー

 

で、全部並べると「W E L C O M E」^^

食品サンプル クッキー

 

クッキーらしく、焼き色を着色。

食品サンプル クッキー

 

食品サンプルのクッキーで「WELCOME」となりました。

食品サンプル クッキー

 

次に、クッキーに金具(ヒートン)を取り付けます。

食品サンプル クッキー

 

金具にチェーンをつなぎます。

これだけでかわいい。

クッキーで自分のイニシャルを作って、チャームにしても良いかも。^^

食品サンプル クッキー

 

チェーンをつけたクッキーを、ふたの下に開けた穴につなぎます。

食品サンプル クッキー

 

全部のクッキーを取り付けるとこんな感じ。^^

食品サンプル クッキー

 

 

じゃーーーーーーっん!!

完成!!

 

クッキー缶で作った

食品サンプルクッキーのウェルカムボード

食品サンプル クッキー

 

イメージ通り。

なかなか、良いのができました。^^

 

お菓子の缶を躊躇なく捨てる人には

まったく伝わらないと思いますが・・・・。^^;

 

普段、捨てられない空き缶は小物入れになって、どこかに収納され

そのかわいいデザインを愛でることができませんが

 

これならいつでも、缶のかわいいデザインを見て楽しむができます。

しかも、大好きなお菓子の缶!

 

超絶、最高ですっ!!! ^^

 

自分のお気に入りのお店の缶で作ったら、すごく良いですね。

食品サンプル クッキー

 

このパターンでほかにも作れるなぁ・・・と

制作しながらアイデアがいろいろと浮かんできたので

近いうちに別バージョンの作品も作ろうと思います。^^

食品サンプル クッキー

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。