良い作品を作ってもらいたい

 

生徒さんの作っている、イベント出品用の試作を見て

「もうひと手間で、クオリティーが10倍良くなりますよ。」と

いつものおせっかい。^^;

 

作業をしながら、「食品サンプル おせんべいマグネット」教室です。^^

 

 

生徒さんの試作が下の画像

マグネットなので裏側は見えないということで、裏側は未成型でした。^^

 

これでもダメではないのですが

あとひと手間で作品のクオリティーが10倍良くなります。

 

あとひと手間なら、作業を追加してもよいですよね?^^

食品サンプルおせんべい 

 

あとひと手間を加えて

裏側もしっかりと成形

表も裏も、どちらから見てもリアルなおせんべいです。^^

食品サンプルおせんべい 

 

色を塗ると、未成型の部分がとても目立ちます。

これはこれで、悪くはないんですけどね。^^

食品サンプルおせんべい 

 

着色もやり方を少し変えてみてもらいました。

左が試作品 右がアドバイス後の作品

写真ではわかりづらいですが

右に比べて、左のおせんべいは、偽物感が出ています。^^

食品サンプルおせんべい 

 

本物がひとつだけ。

どれでしょうか? ^^

食品サンプルおせんべい 

 

マグネットなので、くっつきます。^^

 

「食品サンプルのおせんべいなんて、作るの簡単」と思う人もいると思いますが

「自信をもって販売できるクオリティー」で作るには

丁寧に作らないと、やっぱりできないんですよね。^^

食品サンプルおせんべい

 

【良い作品を作ってもらいたい】

「もうひと手間加えてみたら?」

「もうひと工夫してみたら?」

「こうするともっと良くなるよ」

「こんなアイデアもあるよ」

 

なんてことを、食品サンプル教室でいつも言っています。

(おせっかいだと思うんだけどね。^^;)

 

私は教室で

「生徒さんに作品を完成してもらおう」とは思っていません。

「生徒さんに良い作品を作ってもらおう」と思っています。

 

「良い作品を作ってもらう」とはどういうことか?

 

私の中で「良い作品を作ってもらう」ということは

生徒さんのレベルを今よりもひとつ上にあげて、作品を作ってもらうことです。

 

生徒さんが自分ひとりでは、一歩手前で止まってしまうところを

私がいろいろとヒントを与えて、一歩先に引っ張ってあげる。そんな作品制作です。

 

私と一緒に作ることで

いつもより良い作品が作れるようになって

「良い機会、良い出会いのきっかけが、増えればいいなぁ。」

そんなことを思って、今日も懲りずにおせっかいをしてみました。^^

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。