想いを込めて作るって、どういうことだ?

 

今日は雨が強めに降っていたので

 

濡れない場所だと思って

スズメがドアの隙間から、アトリエに入ってきた。^^;

すずめ

 

すずめ

 

「米100粒あげるから、持ち上げパスタのフォークにとまれっ!」

と、何度も説得したけれど、聞いてもらえなかった・・・・。(ノ_-。)

 

インスタ映え確実だったのに・・・・・。

(スズメはすぐに帰っていきました。^^)

食品サンプル 持ち上げパスタ

 

 

【想いを込めて作るって、どういうことだ?】

「想いを込めて作ってますか?」

みたいなことを言われた。

 

食品サンプルに限らず、ハンドメイド作品では

「想いを込めて作りました!」みたいなことを言うのはよくあることで

そういうのが、ハンドメイド作品の価値なのだろうけど

 

正直言うと

私は想いを込めて作ったことなど、一度もない。

(批判する人たちに向けて、くそったれっ!、て作ることはあるか・・^^;)

いつも無心で楽しく作っているだけ。

 

そもそも、想いを込めて作るって、どういうことなのだろうか?

どんなことをすれば、想いを込めて作ったことになるのだろうか?

 

「これを買ってくれた人に、なだれのように良いことが起こりますように。」

とか、唱えながら作れば良いのだろうか?

食品サンプル からあげ丼

 

ちなみに

私は想いは込めてないけど

3000円のものには、4000円の手間をかけて作ったり

これで十分だよね。というところから、もうひと手間加えるたりはしているかな。

 

教室なら、時間が来ても延長してあげたり(時と場合によるけどね)

予算以上のパーツを作らせてあげたり。

 

価格分より、ちょっと多く喜んでもらおうと、いつも思っています。^^

食品サンプル イチゴパフェ

 

想いを込めて作るって どういうことなんだろう?

難しい。

 

想いを込めて作るって、ハンドメイド作品ではとても重要

機械で作ったほうが、安定した品質で安価に作ることができるから

想いがなければ、ハンドメイドの価値がないのかもしれない。

 

で、ちょっとやってみようと思うのです。^^

 

いま、ちょうど、ハンドメイドイベントに出品用の

食品サンプルをいくつか作るとこなので

今まで一度もやったことないけれど

 

今回は作りながら、

「これを買ってくれた人に、なだれのように良いことが起こりますように。」

って、唱えながら作ってみようと思います。

 

想いを唱えながら作ったら

どんな感じになるのだろう? とくに何も起きないかな?^^

作っているところを想像したら、なんだかワクワクしてきた!

 

想いを唱えながら作る作品はまたブログで紹介します!^^

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。