お菓子の缶をリメイク

 

今日も東京は雨。

本格的に梅雨です。^^

どこもかしこも、しっとりしていて気持ち悪いですが

梅雨があってこその、夏の解放感。

夏を待ちつつ、梅雨を満喫しようと思ってます。^^

 

 

【お菓子の缶をリメイク】

最近、「リメイク」ってよく聞きますよね。^^

「既存のものを、少し手直しして使う」みたいなことですが

たとえば、よくあるのが「100円ショップリメイク」

 

100円ショップの商品を、色塗ったり、何かと組み合わせたりして

100円の商品とは思えない、おしゃれで使いやすいものに生まれ変わらせます。

 

「100円ショップの商品をリメイクして、部屋をおしゃれに大変身」

みたいな企画を一度くらいは見たことありませんか?^^

 

もうひとつ、リメイクのよくある例

「おしゃれショップのロゴの入ったものをリメイク」

たとえば、スタバの使い終わったカップを何かの入れ物に使用するとかです。

スタバ

 

で、この「おしゃれショップのロゴの入ったものをリメイク」は

センスが難しいなぁ・・・・と、私は思っていて

 

たとえば、スタバのカップをそのままペン立てとして、リメイク使用した場合

おしゃれと思う人もいますが、貧乏くさい。と思う人もいるわけです。

 

定番の牛乳瓶を花瓶として使うリメイクは

最近の若者は、かわいいと考える人が多いと思いますが

昭和の人には貧乏花瓶の象徴みたいなところがあるわけです。

 

で、とりあえず、ここまでの話は置いておいて

私は「食べ物のパッケージ」が好きです。^^

 

紙袋とか、包装紙とか、容器とか

素敵なパッケージは、なかなか捨てられません。

(保管しておく場所があればよいのですが・・・)

 

特に「お菓子の缶」は、心を鬼にして毎回捨てていますが

現在、心を鬼しても捨てられないお菓子の缶がふたつ。

 

デザインがかわいくて買ったガレットの缶。

中身ではなく、缶が欲しかった。^^

クッキー缶

 

ガレットもおいしいです。

クッキー缶

 

先日もらった、クレパスの箱デザインのクッキー缶

なんども捨てようと思ったけれど・・・・・無理でした。^^;

かわいい

お菓子の缶

 

小物入れとして活躍中。

お菓子の缶

 

「お菓子の缶」できれば捨てずに何かに使いたいのです。

小物入れとしての使用は限界です。

 

ということで、お菓子の缶を

食品サンプルを使って、小物入れ以外にリメイクしてみようと思います。^^

 

次回に続く。

よかったらシェアしてね!

ブログを読んでくれてありがとう!

食品サンプル講師、作家など、食品サンプルを自分で作っている人、作れるようになりたい人に向けて、作り方、教室運営ノウハウ、教室情報、ブランンディング、デザイン・アイデアの考え方などの情報を発信しています。

(社)日本食品サンプルアート協会 代表 今井 規雄
食品サンプル製造で起業して17年。2010年に出した書籍をもとに趣味の食品サンプル制作を世界に広めてます。仲間が「好きを仕事に」「つくることで幸せに」を実践していくためにいろいろ教えてます。ブログほぼ毎日更新。1日1冊読書。